香川県の直葬・家族葬専門葬儀社 直葬センター高松/家族葬のサポーターs

直葬から1,000人以上の大規模葬儀まで、1,200件の葬儀を担当してきた一級葬祭ディレクターが対応いたします。

Wht

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

離れて暮らすご家族

6月に入って以降、離れて暮らすご家族ご兄弟からの問い合わせを頂いております。
共通することとして、「本人の意向は、みんなに負担をかけないように、火葬だけにしてほしいということだけど、どんな方法がありますか?」といったお話しでした。
サポーターsは、こういう方々のお役に立ちたいとの思いで設立いたしました。
必要なサービスを、適切にご提供いたします。
どうかご遠慮なく、いつでもご相談ください。
2020年08月01日 14:19

これからのお葬式

コロナ禍で、少人数のお葬式をするのに不安な方も多いと思います。
そもそも、日本の葬儀は相互扶助で成り立っていました。
それが、現代は形が優先されて「このぐらいはしないといけない」というふうになっていると思います。
相互扶助とは、お互いを思いやることですから、このような状況では「呼ばない優しさ」「行かない心遣い」こそが思いやりですし、本来の日本の葬儀のあり方ではないでしょうか。
 
2020年05月17日 13:35

ペットも家族

弊社設立にあたり、多くの方からのご意見を頂戴する中で、ワンちゃんネコちゃんの最期についてのご相談もありました。
社内の統一見解として「ペットも家族」ということで、できる限りのお手伝いをさせていただくこととなり、DC担当部門を設けました。
ペット火葬のできる市営火葬場として、高松市はやすらぎ苑があり、さぬき市も三木町も、公営火葬場でのペット火葬ができます。
その他「大切な家族」をお送りする時に、必要な物のご準備もさせていただきます。
まずは、ご相談ください。
2020年05月13日 12:36

家族葬のおもいで

家族葬経験者  80代 男性
このホームページを見て、10年前のことを思い出しました。
母が平成22年8月に亡くなり、自宅で葬儀を行いました。
棺は我が家の仏壇の前に置き、その両端には、生け花の師範でもあった母のために、花をいっぱい飾りました。
長男の私が導師をし、弟・妹の家族数人で、形式抜きの、そこに母もいるかのような感じでした。
身内だからこその弾んだ会話を、きっと母も喜んで聞いていたことでしょう。
話も落ち着いたころに霊柩車が到着し、出棺の時は、茶道の師範でもあった母に、おいしいお茶の葉を持たせてあげました。
以前から、大きな式場での形式的な葬儀に、少し違和感を覚えておりましたので、我が家は家族だけで、母の最期を明るく送ろうと話し合っておりました。
10年前は、自宅での家族葬を、いろいろ言う方もいましたが、私は家族葬にして本当によかったと思っています。
家族葬は、我が家の忘れがたい思い出です。
こんな家族葬専門の葬儀社さんができたことを、経験者として、とても嬉しく思います。
頑張ってください。
 
2020年05月11日 16:09

新型コロナウイルスの感染予防についての取り組み

感染予防対策として、以下の取り組みを徹底して、皆様に安心して頂ける環境づくりに努めてまいります。
・マスクの着用
スタッフ全員のマスク着用をはじめ、ご会葬皆様へのマスク着用のお願いを徹底いたします。
・手洗い、消毒
アルコール、次亜塩素酸水を使用し、手の消毒とご使用施設の消毒を徹底いたします。
・健康状態の確認
スタッフ全員の検温と対面確認を必ず実行し、ご会葬皆様の体温確認もお願いをして、発熱をはじめ、少しでも体調のすぐれない方には、ご遠慮頂けるよう努めてまいります。
・換気と人数制限
各施設においては、いわゆる「三密」にならないように、人数制限のお願いと、換気の徹底をいたします。

サポーターsでは、以上のことはもとより、すでに各行政機関や火葬場からの通達をはじめ、今後も変化する感染予防対策を随時実行して、皆様の安全に万全を期してまいります。
2020年05月06日 22:25

家族葬体験談

さっそくホームページを見てくださった方から、こんな応援メッセージをいただきました。
《家族葬大賛成》(40代女性)
父が亡くなった時に、家族で話し合って、娘3人とその家族だけで10人くらいのお葬式にしました。親戚や親しい友人の方は、式ではなくて、お線香をあげて、お参りだけにしてもらいました。
お通夜、お葬式は姉の自宅。そこから火葬場に運びました。
家族だけで、派手な祭壇もいらないので簡易な飾り。
お経は自分たちで、兄が導師を。
「大きな写真あっても飾れないね」って姉妹で話して、遺影は作らなかった。
姉妹各自がお気に入りの写真を仏壇に。
打ち合わせの時に、この希望を伝えたら、葬儀社の人には、かなり反対されました。いろいろ勧められたし、
「普通はこうです」
みたいなことも言われて、ちょっと変な空気にもなりました。
それでもブレずにやりました。
母の葬儀は一般的な葬儀だったので、母とのお別れよりも来客の対応や式の進行についてなど、そんなことに追われて、慌ただしかったです。
その点、父の時は気遣うことも全くなく、家族で思い出話などしながら、ゆったりとした時間を過ごせたので、家族葬にして本当に良かったと思っています。
変な空気にならずに(笑)家族葬をしてくれる葬儀社さんがいいです^ ^
応援します❗️
 
2020年04月29日 22:53

弊社のホームページを開設いたしました。

直葬センター高松/家族葬のサポーターsのホームページを開設いたしました。

皆様の気持ちに寄り添い、誠心誠意ご対応いたします。
お困りごとがあればお気軽にご相談ください。
よろしくお願いいたします。
2020年04月28日 09:00

直葬センター高松/家族葬のサポーターs

【電話番号】 080-6374-0316

【営業時間】 24時間 年中無休

会社概要

サブメニュー

モバイルサイト

 合同会社サポーターsスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら